プライベートで怪我や病気をして働けなくなったからと言って、自動的に傷病手当金が支給されるわけではないのです。 こちらから申請しないと傷病手当金を貰うことはできないので、要注意でしょう。 そこで、傷病手当金の申請方法をご説明しますから、ぜひ参考にしましょう。 まず、傷病手当金は会社とは無関係なので、申請先は健康保険組合や管轄の協会けんぽでおこなうでしょう。 ただ、会社が代行して申請を行ってくれる場合もあるようです。 そして、申請をするには、健康保険(保険証を貸し借りすると、どちらも詐欺罪になってしまいます)傷病手当金支給申請書を作成する必要があります。 健康保険傷病手当金支給申請書に必要事項を記入し、それを健康保険組合や管轄の協会けんぽに提出するのです。 また、続ける事でいる間は、毎月申請しなくてはなりません。 初回の申請時には、申請期間とその前一か月分の賃金台帳や出勤簿の写しが必要で、2回目以降も、給与の支給があれば申請期間の一か月分の賃金台帳や出勤簿の写しが必要になります。 傷病手当金の申請方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)はこのようになっていますから、早めに手続きを行ってくださいー